読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-

Bath時代のアマナキ・レレィ・マフィ選手の英語インタビュー訳2

YahooスポーツにアップされてるBath時代のアマナキ・レレィ・マフィ選手の英語インタビュー。
言いよどんでごにょごにょしたり、色々可愛いのに、プロによる翻訳では要点だけ綺麗にまとめられてて、
私としては「ナキは、そんな上手いこと言えてない!それが可愛いのに、その可愛さを全部そのまま受け止めずしてどうする!」と思って聞き取って訳してみた。


ナキ「I'm exciting. 」
(I'm exciting「皆をわくわくさせるよ」と言ってしまっているけど、たぶんI'm excited「わくわくしています」と言いたかったと思われる。ナキ緊張してる!)

ナキ「I came here for my wife, and she like..likes..., ya.  I enjoy the change this time I was, ya.」
奥さんが(Bathを)す、好きって、だからここに来ました。今回経験した変化を楽しんでいます。

(本当に緊張してる、可愛いい!どもったり、文法飛んだりya連発。とても愛くるしい、それに奥さんがBath好きだから来たって何だ、何だその理由!なんなんだこの可愛い生物…)

ナキ「Split was hard tough, because, due to the wheather.」
最初※は凄くキツかった、なぜなら天候も(悪くて)
(※たぶんsplit=最初、て意味かなあと後の文脈からそうした。ぶつかり、割り込みて意味もあるから、フィジカルコンタクトのことかとも思ったり)

ナキ「For me, I was choose to come here, because all of were oppose to cointear...cointoss of rugby.  So I came here for new life, new challenge, that's why I came here as a.... I like new challenge.」 
自分の選択でここに来ました。ラグビーのコンイテ…コイントスとは全く逆だったです。新しい生活、新しいチャレンジのためにここに来ました。それが理由です、ごにょ(何か言いかけてごにょった) 新しいチャレンジが好きだからです。」
(was chooseとか、ナキの英語はだいぶブロークンぽい。トンガ英語は文法あんまり気にしないおおらか英語なんやな、文法でいつも辛い思いする私には素晴らしい環境なように思う。。コイントスの下りも話の筋が分かるような分からんような!とにかく可愛い。)

監督さんには「ボールキャリーもディフェンスも凄い」と誉められている。別インタビューでは「phenomenal」驚異的だ、とまで言ってもらってる。
かつ「凄くおとなしい。早く環境や言葉に慣れてほしい」と言われてて、Bathでもシャイ爆走してたんだなと察せられる。本当に可愛いなー!